電話

0838-22-5237

廃棄物のことなら萩新栄お任せください

廃棄物の処理は法令により定められており、安易に処理してしまうと重罪に問われる場合があります。

廃棄物の分類は以下のように法令で定められています。

廃棄物分類図

廃棄物は大きく産業廃棄物と一般廃棄物に別れます。また、それぞれに特別管理を必要とした廃棄物があります。

一般廃棄物は基本的に産業廃棄物に属さないものとなりますが、事業所で排出した産業廃棄物以外の事業系一般廃棄物もあります。

産業廃棄物と事業系一般廃棄物

上記のように、産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、廃棄物処理法で規定された20種類をいいます。

ここでいう事業活動には、製造業や建築業などのほか、オフィス、商店等の商業活動や、水道、学校等の公共事業も含まれます。このような事業活動から排出される事業系ごみの規定には、排出量の条件はないため、大企業から多量に排出される場合であっても、個人商店や店舗付き住宅のような小規模な事業所から排出される場合であっても、事業系ごみになります。

なお、事務所から排出されるプラスチック製や金属製の事務用品も産業廃棄物にあたり、排出量が「1個」というような少量であったとしても、それが産業廃棄物として定められている以上は、産業廃棄物として適正に処理しなければなりません。

 

産業廃棄物の種類と事業系一般廃棄物の区分例

※産業廃棄物の種類のもとに表示しています。

種類

燃えがら

汚泥

木炭、重油、石炭がらなどの燃焼物の焼却灰、炉清掃排出物(すす)等

動物のふん尿

動物の死体

動植物性固形不要物

動植物性残さ

繊維くず

木くず

紙くず

産業廃棄物を処分するために処理したもの

ばいじん

がれき類

鉱さい

ガラスくず

コンクリートくず

陶磁器くず

金属くず

ゴムくず

廃酸

廃油

廃アルカリ

廃プラスチック類

産業廃棄物の木くずやカンナくず等を焼却した際の燃えがら、灰

工場排水処理や各種製造工程で生ずる泥状の物

エンジン油などの鉱物性油、溶剤等

酸性の廃液を含むもので、写真定着液、アルコール、発酵廃液等

アルカリ性の廃液を含むもので、写真現像液、自動車用不凍液等

飲食店等で客に提供したプラ容器、業務用ペットボトル等

合成樹脂くず、合成ゴムくず等合成高分子化合物を含むもので、タイヤ、

塗料かす、ビニール袋、農業用ビニール、発泡包装材、発泡トレイ等

従業員等の個人消費に伴って生ずる弁当等のプラ製容器包装、

プラ製品、ビニール袋、包装材、発泡トレイ、ペットボトル等

鉄、ブリキ、トタン、銅線、アルミサッシ、番線、ボルト、

金属なべ、金属缶等

従業員等の個人消費に伴って生ずるガラス瓶

コンクリート固化物等

包装材、段ボール、壁紙等

パルプ、紙、紙加工品、板紙、書籍等

型枠、足場剤、建具工事等の残骸、抜根・伐採材、木造解体材等

残材、チップ、おがくず等

木製机、テーブル、椅子、梱包材等

廃ウェス、縄、ロープ類、畳等の天然繊維

魚、獣の骨、内臓のあら、野菜くず、酒かす、麺くず、ハムくず、

パンくず等

従業員等の個人消費に伴って生ずる飲料缶等の金属容器、金属製品等

ガラス、陶磁器、ガラス繊維、モルタル、タイル、瓦、石膏ボード等

炉の残さい、不良鉱石、不良石炭、粉炭かす等

工作物の除去に伴い生じるコンクリートの破片、レンガの破片等

ばい煙発生施設等で発生し、集じん施設集められたもの

新聞紙、雑誌、段ボール、事務用品印刷紙、カタログ、梱包紙等

木製電柱、木製電線ドラム等

測量杭、測量ポール

街路樹せん定木、庭木せん定木

間伐材

木製とプラの椅子等一体物

木製パレット(パレットに固定された木製の構築物を含む)

木綿くず、糸くず、羊毛くず等の天然繊維

木綿くず、糸くず、羊毛くず等の天然繊維

合成繊維くず又は廃プラスチック類

布製の衣類、布団、座布団等

賞味期限切れの製品くず

家畜の解体等により生ずる骨等の残渣

食肉の骨等の残渣

牛、馬、豚、鶏、ウサギ等及び毛皮獣等のふん尿

ペット、動物園等のふん尿

牛、馬、豚、鶏、ウサギ等及び毛皮獣等の死体

ペット、動物園等の動物の死体

天然ゴムくずであって、天然ゴム製手袋、天然ゴム製器具等

全事務所(浴場、焼肉店、事務所等)

建設業、製材業、木製品製造業等

全事業所(工場、飲食店、旅館等)

全事務所(ガソリンスタンド、塗装業等)

全事務所(写真現像所、食品製造業等)

全事務所

飲飲食店、スーパー、百貨店、パチンコ店等

全事務所

会社事務所等

全事務所

会社事務所等

廃棄物処理施設等

建設業

(工作物の新築、改装、除去に伴うもの)

パルプ、紙製造業、紙加工品製造業、

新聞業、製本業等

建設業

(工作物の新築、改装、除去に伴うもの)

製材業、木製品製造業、パルプ製造業、

家具製造業等

会社事務所、飲食店等

建設業

(工作物の新築、改装、除去に伴うもの)

食料品製造業、パン・菓子製造業、

めん類製造業、精穀・製粉業、豆腐製造業等

会社事務所等

全事務所

高炉による製鉄業、製鋼・成功圧延業等

全事務所

ばい煙発生施設

会社事務所、スーパー、飲食点等

電気工事業

測量業

造園業、園芸サービス業

育林業

全事務所

全事務所

製糸業、紡績業

繊維製品製造業

繊維製品製造業、製糸業、紡績業

百貨店、スーパー、寝具店等

同上

と畜場、食鳥処理場

精肉店、飲食店、ホテル等

酪農業、肉用牛生産業、養豚業、養鶏業等

ペットショップ、犬猫病院、動物園等

酪農業、肉用牛生産業、養豚業、養鶏業等

ペットショップ、犬猫病院、動物園等

全事務所

卸売市場、飲食店、スーパー、精肉店、

小売店、ホテル等

物品賃借業に係わる廃木製品

具体的な対象例

排出事業所

区分

産廃

一廃

それぞれに許可が必要です。

廃棄物の処理は、収集運搬と処分に分かれ、収集運搬は積替保管の有り無しで区分されます。処分は中間処分と最終処分があります。

中間処分は減容化を図る目的ために焼却、破砕、圧縮梱包などの許可、性状を変える目的で脱水、中和などの許可に区分されます。

種 類

区 分

萩新栄の

取得有無

許 可・登録 番 号

産業廃棄物

特別管理産業廃棄物

一般廃棄物

特別管理一般廃棄物

収集運搬

処分

収集運搬

処分

収集運搬

処分

収集運搬

処分

積替保管有り

積替保管無し

中間処分

最終処分

中間最終処分

積替保管有り

積替保管無し

中間処分

最終処分

中間最終処分

積替保管有り

積替保管無し

中間処分

最終処分

中間最終処分

積替保管有り

積替保管無し

中間処分

最終処分

中間最終処分

 

・山口県03519036968号

・島根県03200036968号

・山口県03529036968号
 (廃プラスチック類)

・山口県 廃再ー21第42号

 (古紙の再生、廃プラ類の再生)

・山口県03569036968号
 (廃油)

 (廃酸)

 (廃アルカリ)

・萩市 第7号(塵芥)

・萩市 第24号(し尿)

・阿武町 第26-6号

・阿武町 第28-7号(刈草)

・萩市第9号

 (古紙)

・萩市第24号

 (廃プラスチック類)

 

一般廃棄物収集運搬業の許可は、その許可を受けた市町村の中でだけ通用します。したがって、原則としてその市町村の境界を越えて一般廃棄物を運搬することは出来ません。

また、産業廃棄物収集運搬業の許可は、荷の積み下ろしをする都道府県の許可が必要です。

つまり、熊本県でトラックに積んだ廃棄物を山口県の処分場へ荷降ろしする事が定常である場合、熊本県と山口県の許可のみで運営する事ができます。運搬途中の福岡県や佐賀県の許可は必要ありません。

廃棄物処理法違反があった場合には・・・

条件

罰則

根拠条文

5年以下の懲役若しくは1000万円の罰金またはこの併科

※法人については3億円以下の罰金

5年以下の懲役若しくは1000万円の罰金またはこの併科

3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金またはこの併科

6ヶ月以下の懲役若しくは50万円以下の罰金

30万円以下の罰金

不法投棄(未遂含む)、

無許可営業など

無許可業者への委託など

契約書作成義務違反、

許可証の添付漏れ・

5年義務違反など

マニフェスト伝票の記載・

交付義務違反・

5年保存義務違反など

特別管理産業廃棄物管理

責任者設置義務違反など

法25条、32条

法25条

法26条

法29条

法30条、31条

廃棄物処理法で規定された罰則のほとんどには両罰規定(※1)が適用されますので、個人と法人の両方に罰則が適用されます。

また、処理基準に適合しない収集運搬、処分、保管については直罰(※2)はありませんが、適正処理の実施を確保するために運用の改善を命じられることがあります。これを改善命令といい、従わなかった場合、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金またはその併科となります。

さらに、排出事業者責任の考え方により、廃棄物の処理委託先が不適正処理を行った場合、一定の要件を満たす排出事業者も責任を問われ、環境汚染等の除去に必要な措置を命じられることがあります。

 

※1:両罰規定・・・違反行為に対する罰則を行為者本人だけではなく、法人に対しても同様にかける規定。法人へは懲役刑を科することができないため、罰金刑だけが科せられる。

※2:直罰・・・規準を遵守しないものに対して、改善命令などを経ることなく、直ちに罰則をかけること。

 

・開業時、委託先がよく分からない。

・委託業者の認可や、最終処分場との契約書を確認していなかった。

・排出される廃棄物の区分がわからない。

・一般廃棄物だと思っていたら、実は産業廃棄物だったとき。

・たまに産業廃棄物が排出されるとき。

・DIYで改装したときに排出された廃棄物の処理に困ったとき。

まずは萩新栄にお問合せください!

ご要望にお応えするために直ぐに駆けつけます!

お問合せはお電話、又は下段のフォームから

廃棄物について知ろう!

このようなときは・・・

〒758-0011

山口県萩市椿東平方2917番地

TEL:0838-22-5237

FAX:0838-25-6610

facebookページへ

All content © Hagi Shinei , 2016. All rights reserved.

お問合せ

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

MAP